MENU

どうして思うようにおっぱいが出てくれないの?


母乳は出産すればすぐに出るもの。と言われますが、何もせずに自然に出るママというのは実は少数派。授乳したいけど思うように出ない。。と、悩まれているママの方が多いんです。

母乳が出にくいのは、育児ストレスや貧血・冷え性・食生活・睡眠不足など、色々な原因が重なっているため。身体的にも精神的にも、ママ自身が健康でいることが何より大切になってきます。

身体の冷えも、母乳の出に悪影響を与えます。

冷えた足を摩る

身体が冷えやすい冷え性のママに、母乳が出にくい方が統計的にも多いんですね。お風呂にゆっくり入って温まったり、根菜類のスープなどで身体の内側からもケアしてあげることが大切です。

また、ハーブティーやたんぽぽ茶など、母乳の出を良くする温かい飲み物なども効果的です。

母乳に優しいママの飲み物はこちら


出産直後は、しっかり吸わせることもとっても大切。

おっぱいを吸う赤ちゃん

赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激に反応して、母乳は分泌を始めます。乳管をしっかり開通させるためにも、赤ちゃんに吸わせることが大切になってきます。

どの位出ているのか見えなくて不安ですが、出産してから1週間程は、とにかく吸わせて母乳の分泌を促すようにしてください。

母乳の分泌を促す、乳房のマッサージも効果的です。

おっぱいを吸いながら眠る赤ちゃん

水分補給や温かい食事などに加えて、おっぱいのマッサージも効果的。乳房の基底部を動かしてあげることで、母乳の分泌が促されるんです。

脇からバストにかけてをさすったり、上下に揺らすだけでも変わってきます。特に入浴中など、血液循環の良いときに行うとより効果的です。

トップページへ

このページの先頭へ