MENU

できるだけ刺激の強いものは避けたいですね。

赤ちゃんに寄り添うお母さん

母乳育児中のママには、刺激の強い飲み物はNGですよね。コーヒーなどのカフェインを含む飲み物や、アルコール類・糖分が多いものも、赤ちゃんの体調に影響を与えてしまいます。

最近では牛乳などの高脂質なものも、母乳を詰まらせる原因になるとして過度の摂取は控えるのが一般的です。

じゃあ授乳期のママって、お水しか飲めないの?


色々なものがダメ〜!と言われると、お水以外に何も飲めなくなってしまいます。どれも飲んではいけないものではなくて、過度な摂取を気を付けるものなんですね。今では、母乳や赤ちゃんにも優しいママのための飲み物がたくさん提供されています。

飲みたいものが飲めなくて、ママが心理的なストレスを抱えてしまっても、母乳の分泌に悪影響を与えてしまいます。

母乳育児を頑張るママに大人気のたんぽぽコーヒー♪

温かいたんぽぽコーヒー

カフェインを控えようとしても、コーヒー好きのママには辛いですよね。ちょっとひと休みしてティータイム、と思っても欲しいものが飲めないんです。

そんな育児ママのために生まれたのが、ノンカフェインのたんぽぽコーヒー♪身体と母乳に優しい天然ハーブとして、長く親しまれてきた植物のたんぽぽ。授乳期に不足しがちな鉄分やビタミンも、自然に補えるママのための飲み物なんですね。

たんぽぽってホントに母乳に良いの?


母乳に必要な栄養をしっかり補える天然のたんぽぽ茶♪

温かいたんぽぽ茶

日本でも馴染みの深いたんぽぽは、授乳期ママの栄養を支えるハーブとして、古くから広く飲まれてきました。ちょっとコーヒーは苦手。。という方のために、たんぽぽ根を煎じたお茶も色々と提供されています。

母乳に不足しがちなカルシウムや鉄分を、天然ハーブのたんぽぽから優しく補うことができます。お昼のホッと一息つきたい時のお供に、たんぽぽ茶を加えてみてもいいですね。

トップページへ

このページの先頭へ